ボディショップ イケノウエ
イケノウエ Racing team

パンオフレストア】(PanoffRestration)

当ショップでは、パンオフレストアを基本に数々のVWを手がけてまいりました。
その中の数台を例に紹介させていただきます。
はじめにパン(Pan)とはフロアパンつまりボディの乗るシャーシのことで、オフ(Off)ボディと切り離してのレストア作業であり、なぜこの必要が有るかは以下の写真を見て頂ければ分かると思います。
しかし新車とは作業工程が違う以上、新車より良くなるとは決して申しません。
もとの車にいかに近づけるか、そしていつまでも美しく、お客様の要望にどれだけ答えれるかでしょう。

※クリックすると写真が大きくなるのもあります。

まずボディ、シャーシ切り離し溶接部分以外すべてばらします。
その前に一つ大事な事は、レストア前の車を細かくチェックする事を忘れてはいけません。
各部のチリアワセは、ばらすまでに1度フレーム修正機等で行います。この作業は仕上がりに非常に影響します。

シャーシです
錆た部分は切り取ります。
切取った部分は作り替えましょう。

だんだん小さくなりました。
これ何と思われる方もいらっしゃるかな?
車体NOはこれに打刻しています。
トンネルの中は、まず錆ています。

この時点で一度ブラストします。

フロア等製作後溶接部分含めブラストします。
あとで錆びるのは溶接部分です。
湿気のある日は行いません。